蚊連草(カレンソウ)は自然の蚊よけ対策


蚊がうっとうしい季節になってきたので、蚊を取る草として名高い蚊連草の苗を買ってきて植えています。
蚊連草(カレンソウ)と呼びますが、この蚊連草(カレンソウ)には、蚊を寄せ付けにくくする香りと、蚊の二酸化炭素の察知能力を下げる成分が含まれています。

ハーブの一種です◎

蚊連草(カレンソウ)の葉のにおい成分には、蚊自体を避けること。

蚊の人間を察知する能力を弱らせる成分が入っているといわれているんです。

本当か?と思う方もいると思いますが、これは多くの実験期間で実験されており、今のところ間違いないという事らしいです。

ただ、植物なので人口の虫除けスプレーと違い殺虫成分は入っていませんので、完璧に蚊を寄せ付けないとはいいません。

ただ、蚊連草(カレンソウ)が植物でありながら、蚊を寄せつきにくくするという事と二酸化炭素を察知する能力を弱くさせる事は認められていますので、ガーデニングをする時やお部屋に緑の草木を置こうと思っている方は、蚊連草(カレンソウ)を置く事で少しは蚊を防止してくれます。

蚊連草(カレンソウ)の新芽には、特に前述の蚊が嫌がる成分があるので、蚊連草(カレンソウ)を買ったら、まびきとして大きくなった枝を適度に剪定して下から新芽が出るように、蚊連草(カレンソウ)を育てるといいいですよ^^

また蚊連草(カレンソウ)は、自然の植物なので、市販の虫除けスプレーが使えない場所や、犬猫のペットの蚊よけたい策にももってこいだと思います。
私も買った安くて良い苗の蚊連草

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。